資格を取得して日本語教師を目指す|グローバル化に対応

婦人

日本語を教える技術

勉強

今、諸外国で日本語の教育熱が高まっています。日本にビジネスチャンスを求める人が多いためです。しかし、日本語教師としての定められた資格は、まだありません。ただ、民間団体の動きとして、日本語教師の研修が始まっています。諸外国においても、日本語教師に公的な資格を与えようとする模索があります。

国際交流の最先端に立つ

woman

日本語教育で国際貢献

近年は経済のグローバル化に伴い、海外から就労目的で日本にやって来る人が年々増加しています。また、対照的に日本の企業が海外に進出して現地の人を雇用するというケースも増えてきています。こうした場面で必要となるのが、日本語教育です。日本語を母国語としない人たちに日本語を教え、コミュニケーションを円滑にすることはビジネス成功のためにとても重要です。そのため、最近では日本語教師の需要が非常に高まっています。現在、日本語教師には民間資格が存在しますが、公的な資格はありません。そのため基本的には誰でもなることができます。ただ注意が必要なのは、人材を求める側はその能力を往々にして資格の有無で計る傾向にあるということです。日本語教師を目指すのであれば、定評のある民間資格を取得しておいた方が有利です。

採用されるための基準は

現在、企業や日本語学校等が求めている日本語教師の人材は、大学や大学院において日本語教育に関する専門科目を修めているか、日本語教育の普及を目的とする公益法人が実施する検定試験に合格するか、専門学校等において国がガイドラインとして示している教員養成教育を受けているかの3つが基本的な条件となっています。このうち最後の養成教育については合計420時間以上の履修が必要とされており、多くの日本語学校が教員採用の基準としてこれを採用しています。国際交流が盛んになるにつれ、日本語教師の需要はいっそう高まるものと考えられます。また今後はビジネス目的のみならず日本文化への興味を発端として日本語を学ぶ人も増加していくものと予測されます。

優れたスクールを探す

勉強

インターネットで確認すれば、大阪にある英会話スクールの中でも評判の高い場所を知る事ができます。入学する前に必ず独自カリキュラムや費用体系を比較してみましょう。人気英会話スクールは講師の質などを大事にしています。

素敵なスクールを探す

woman

英会話スクールの質は講師が大きく左右します。大阪で効率的に英語を習得したいならレベルの高い講師が在籍しているスクールに入学しましょう。英会話スクールの中にはオンライン型と通学型が存在しています。それぞれ異なる魅力がありますので確認が欠かせません。